知っておくといざという時に役に立つ!モダンな有田焼についての関連情報を紹介

モダンな有田焼には伝統的な技術と、現代の感性が融合した新しい表現やスタイルが多く用いられています。国内外のデザイナーと有田の窯元が一緒に作った作品や、和洋すべての料理を受け入れるというコンセプトでオランダ人デザイナーが作ったブランドもあります。 「てびねり」という技術に磨きをかけた有田焼は、磁器とは思えない薄さと軽さなのに丈夫で耐久性が高いです。関連情報としては、シャープで温もりのあるアクセサリーや小物が買えるアクセサリーブランドがあります。食卓や室内の装飾に取り入れると、華やかでおしゃれな雰囲気になります。

モダンな有田焼は伝統的な技術や素材を活用している

有田焼に使用する生産原料は、熊本県天草産の陶石の使用率が約99%を占めるといいます。他の土や原料を配合することなく、単独の陶石のみで磁器を造ることができる泉山陶石および天草陶石だけで、このような特徴は世界的にも例を見ないもので、高品質であると同時に貴重な磁石などの評価を持ちます。なお、有田焼はきめ細やかな手触りおよび透明感を持つ白磁に塗布されている鮮やかな赤と藍色の配色が最大の特徴です。見た目は薄く華奢なイメージですが、磁器は陶器と比べて硬く耐久性に優れているため長持ちするメリットもあります。 有田焼は、伝統的な技術により現代に伝えられてるモダンな焼き物で柿右衛門様式・鍋島藩窯様式・古伊万里様式、3つの様式があります。ちなみに、柿右衛門様式は濁手と呼ぶ乳白色の背景に余白を作り黒い線や鮮やかな赤・緑・黄・青などの色で左右非対称に花鳥風月を描いたもの、ヨーロッパなどに数多くに輸出されていて海外の作品に大きな影響を与えているといいます。

モダンな有田焼は現代の感性に合わせてデザインされている

有田焼の伝統的な技術や製法を取り入れつつ、昨今では現代の感性に合わせてデザインされたものも増えてきました。モダンな有田焼は多くの人に愛され、古典的な要素と現代的なアプローチを両立させています。これらの有田焼の特徴は、伝統的な紋様や風景だけではなく抽象的なデザイン、さらにはグラフィックなども取り入れているのが特徴でしょう。従来のスタイルに縛られることなく新しい要素を取り入れることで、幅広い好みに対応することができるようになっています。新たなデザインやグラフィックを使ったスタイルは、日本のみならず海外の人にとっても魅力的に映るはずです。また、これまでの有田焼は特定の釉薬の使用が特徴でしたが、昨今では様々な釉薬が使用されています。これによりカラフルで個性的な製品が生み出されるようになり、さらに可能性を高めています。生活に合わせて耐熱性や機能性をアップしているのもポイントです。おしゃれなだけではなく機能性も高く、日常生活でも使用しやすくなっています。

モダンな有田焼はライフスタイルに合わた形状が特徴

現在販売されている有田焼は、昔よりも種類が増えています。クラシックなデザインの商品だけでなく、モダンなデザインの商品も多く販売されています。現代的なデザインの有田焼には、現代人のライフスタイルに合った形状が採用されているという特徴があります。昔の人と現代の人では生活の様式も大きく異なっているので、このようなことも考慮しながら新しい製品が開発されています。現代人のライフスタイルでは、飲み物をマグカップに入れて飲むことも多いので、有田焼で作られたマグカップなどの商品も作られています。こうした商品は湯飲み茶碗などの食器よりも、紅茶やコーヒーが飲みやすいことが特徴です。現代人は日本茶だけでなく、コーヒーや紅茶を飲む機会も多いので、こうした飲み物も飲みやすいように新しい製品が作られました。モダンなデザインの有田焼はその他にもさまざまなデザインの商品が販売されているので、使う人の生活スタイルに合ったものを選べます。

モダンな有田焼の中には国内外のデザイナーやブランドとコラボしているものがある

有田焼はさまざまなデザインの商品が販売されています。個性的な種類の商品が特に多く販売されているのは、モダンなデザインの有田焼です。このような商品の中には、有名なデザイナーとコラボレーションして制作されたものもあります。日本国内で活躍しているデザイナーだけでなく、海外のデザイナーとコラボをした商品も販売されています。これらの商品は焼き物に興味がある人だけでなく、焼き物に全く興味がなかった人にも注目されています。デザイナーのファンである人がこうした商品に興味を持つこともあり、商品を購入したことがきっかけとなって、有田焼にも興味を持つことがあります。モダンなデザインの有田焼の中には、ブランドとコラボして作られたものもあります。若い人にも人気があるブランドとコラボして作られたものもあるので、焼き物に興味を持っている人が少ない若い人にも注目されるようになりました。こうしたタイプの商品の中には、従来のものとは大きく異なるデザインのものもあります。